About this website つらい花粉症に対抗してくれるのはザイザルです。ザイザルは様々なアレルギーの症状を緩和する役割を担っている薬です。ザイザルの成分や副作用については理解しておきましょう。また、このサイトでは花粉症をはじめとするアレルギーについて語っていきたいと思います。

花粉症対策として一般に用いられるのが抗ヒスタミン薬です。
花粉症はアレルゲンとなる花粉に刺激された肥満細胞が、ヒスタミンなどの物質を放出することにより起こります。
過剰なヒスタミンがヒスタミン受容体というタンパク質と結合して、鼻水・かゆみ・発赤などのアレルギー症状を引き起こします。
抗ヒスタミン薬はヒスタミンと受容体の結合を妨害することで、アレルギー性鼻炎や皮膚炎、蕁麻疹、皮膚そう痒症、痒疹の症状改善に有効とされる医薬品の一つです。

抗ヒスタミン薬は第一世代と第二世代に分けられます。
第一世代は効き目は強いものの、眠気などの副作用も強いのが特徴です。
第二世代は効き目は穏やかですが、副作用が少ないことがメリットです。
ザイザルは第二世代に分類される抗ヒスタミン薬ですが、その中では有効性が高いことで知られています。
その割には眠気も少ないとされていて、医師にも愛用している人が多い薬です。
ただし誰にでも同じように効くわけではありません。
抗ヒスタミン薬には幾つもの種類があり、人によって有効性が違うので、自分に合った薬を見つけるのが大切です。

ザイザルは1日1回、夜眠る前に服用すれば、効果が24時間持続します。
錠剤のほかにシロップもあります。
花粉症の症状が出る前に飲むほうが有効だという説と、出てから飲んでも効くという説があり、はっきりした結論は出ていません。

ザイザルの成分の詳細と副作用

ザイザルは、抗アレルギー剤に分類されているヒスタミンH1拮抗薬です。
ザイザルは、セチリジンの光学異性体のR体であるレボセチリジンとS体であるデキストロセチリジンのうち、R体であるレボセチリジンを含有する医薬品です。
ザイザルの主成分であるレボセチリジンは、ヒスタミンレセプターへのブロック作用がデキストロセチリジンよりも30倍強く、薬の効果持続時間も約2時間弱長い特徴があります。
ザイザルは、一般的に服用後1時間で最高血中濃度に到達するとされ、薬の半減期が約7時間とされていますが、レボセチリジンはデキストロセチリジンよりも代謝酵素の影響を受ける為に薬効に個人差が出易い医薬品です。

副作用としては、眠気や倦怠感、口渇、嘔気、食欲不振、蕁麻疹などの比較的軽い症状からASTやGOT、ALT、GPTの数値が著しく上昇する肝機能障害や房室ブロック、心房細動、ウロビリノーゲン異常、アナフィラキシー様症状などの重篤な症状を発現するケースもあり、更に睡眠障害や抑欝、激越、攻撃性、無力症など精神的な副作用症状も発現するケースがあります。
テオフィリンやリトナビルとザイザルの併用服用は、主成分であるレボセチリジンの曝露量の増加させたり、腎臓によるレボセチリジンの排泄作用を阻害し、中枢神経の働きを抑制する薬剤やアルコールとの相互作用は中枢神経抑制作用を増強するので注意する必要があります。
特に血液脳関門を通過するエタノールアミン系薬剤は、バルビツール酸系の薬剤よりも中枢神経へ強い作用効果を有するので服用には注意が必要です。

口が乾く理由として、これは抗コリン作用といって自律神経系の副交感神経系の働きを弱める作用によって起こってしまいます。
服用後の眠気に関しては、眠る前に服用すれば、かえって好都合ですが、自動車の運転などは避けるようにしてください。
副作用の兆候を感じたら、服用を中止して医師に相談しましょう。
ザイザルを含めその他の多くの薬剤に共通していることですが薬をを服用する際、腎臓や肝臓の弱い人は医師や薬剤師に相談するなどして慎重に服用してください、またアルコールはザイザルの副作用である眠気を強くさせることがあるので飲酒もひかえましょう。

ザイザルを入手するためには?

ザイザルは厚生労働省の認可を受けている薬であるために、購入する場合は病院で医師の診察を受けて処方して貰うのが一般的です。
この方法が一番安心で確実な入手方法ではあるのですが、病院で診察を受けるのを避けたいという人もいます。
そのような人が入手する別の方法としては個人輸入に頼る方法があります。
個人輸入を自分自身で行う際の手続きも、ネット上では個人輸入代行業者を介して行う事で通常のネット通販と同じ感覚で気軽に購入する事が出来るようになっていて、病院へ行くのは面倒である、時間が無い、などといった人たちが簡単に購入する事が出来るようになっています。
ただ、個人輸入で手に入れる事自体は違法では無いのですが、個人輸入は偽物が販売されているケースも多い、薬の服用については自己責任なので自分自身で薬について理解した上で購入しなければならない、といった注意しなければならない事もあります。
そのために、多少手間であってもきちんと病院で処方してもらうようにするのが良いですが、少しでも費用を抑えたい方はザイザルを通販で購入されてもよろしいと思います。
どうしても個人輸入で入手したいという場合は、きちんと問題点について理解した上でよく調べてから利用するようにして下さい。