About this website つらい花粉症に対抗してくれるのはザイザルです。ザイザルは様々なアレルギーの症状を緩和する役割を担っている薬です。ザイザルの成分や副作用については理解しておきましょう。また、このサイトでは花粉症をはじめとするアレルギーについて語っていきたいと思います。

ビワアレルギーについて

食物アレルギーで代表的なのは乳製品や卵、小麦粉などですが、ビワを食べるだけも体に異常を感じることがあります。
主な症状は口の中や周囲の肌がピリピリ痛くなって、喉が腫れるものです。
通常は軽い症状で治まりますが、まれに全身症状として呼吸困難などのアナフィラキシーショックを起こします。
野菜や果物を食べると出るアレルギーで、まとめて口腔アレルギー症候群と呼びます。

通常はビワを食べることで15分以内に症状が出て、目の痒みや腫れが起こることもあります。
ビワアレルギーになる人の多くは、花粉症も患っています。
花粉症の原因であるタンパク質と、野菜や果物に含まれるタンパク質が似た構造なので、同じような症状になります。
ビワはバラ科の果物で白樺の花粉とタンパク質が似ているので、白樺の花粉で鼻水が出る人は注意します。ビワ以外にもリンゴやモモなどがバラ科の果物です。
アレルギー反応が出たら病院に行きます。
抗アレルギー薬やステロイドで治療し、できるだけビワを食べないことで再発を予防します。

普段は異常がなくても風邪気味や寝不足で体力が低下している時に、大量にビワを食べると症状が出る人もいます。
中にはビワアレルギーでも、調理方法によっては問題なく食べられることがあります。
それは加熱することです。
加熱するとタンパク質が変化するので、アレルゲンになりません。
ジャムは加熱処理した加工品なので、食べられる人がいます。野菜や果物に敏感な人は熱したものから食べるようにします。
まず舌先に少しだけ乗せて様子を見ます。
しばらくして舌がピリピリすると体に合っていないため、すぐに食べるのを止めます。
そしてうがいをしたり水を飲んだりしてアレルゲンを除去します。